多賀神社

多賀神社は八王子の西の鎮守とされ、御祭神は 伊弉諾尊 いざなぎのみこと 伊弉冉尊 いざなみのみこと 。戦災を逃れた境内は昔の佇まいが残ります。拝殿には宮神輿渡御図をはじめ貴重な額が奉納されています。

宮神輿

多賀神社の宮神輿は明治十五年東京浅草で建造されました。昭和五十三年より千貫神輿として八王子まつりの名物のひとつになっています。約1600人の担ぎ手による渡御が勇壮に行われます。

産千代稲荷神社

慶長八年(1603年)大久保石見守長安の陣屋内に守護神として創立。御祭神は 倉稲魂命 うがのみたまのみこと 。例大祭は8月15日、2月初午祭、4月下旬の長安祭。

日吉八王子神社

創建は、天慶三年(940年)。御祭神は 国狭槌尊 くにのさづちのみこと 。1尺1寸5分の戴冠立像。例祭日は5月4日。

山車

神武天皇 市指定有形文化財(山車・人形)

旧一丁目の山車で大正七年建造、工匠萩原佐文治、彫工佐藤光重。山車人形は三代目原舟月作「神武天皇」。旧二丁目山車人形諌鼓鳥は、文政二年八幡町在住の彫刻師牧田巳之助作といわれています。。

市指定有形文化財 (山車)

彫工佐藤光重作の大鷲の彫刻がシンボルの二層鉾台形式、建造は大正三年工匠萩原佐文治といわれています。後部楽屋の花頭窓に軒唐破風が付設されているのがこの山車を特徴づけています。

市指定有形文化財(山車)

日吉町二丁目は日吉八王子神社の氏子町会で、大正六年、八王子の山車としては最初の四つ棟造り堂宮形式として建造、工匠小澤美之吉、彫工佐藤光重による正面唐破風の鬼板の彫刻「雌雄の孔雀」が印象的です。

小門町は産千代稲荷神社の氏子町で、平成十六年より八王子まつりに参加。山車は昭和五十四年に建造・西志村喜吉氏所有の山車を譲り受けたものです。構造は二層鉾台形式、内輪四つ車です。

地元青木晃氏により平成十七年に建造、千人町一丁目有志の協力により飾付等作成されています。 四つ車・二層鉾台形式の手づくり山車です。

市指定有形文化財 (山車)

山車は大正三年に建造したといわれる二層鉾台形式、彫工は小松光重、新見常次郎らがあたったと伝えられています。

市指定有形文化財(山車)

山車は明治期に建造され、大正四年には佐藤光重らにより大改修されました。 江戸期から明治期にかけて鞍馬天狗と牛若丸の人形をのせていたといわれ、昔から「鞍馬の山車」とよばれています。

平岡町は平成二十年西志村訓一氏他有志数人の方々により二層鉾台形式の山車を建造。一部の彫刻や塗物、飾付等は平岡町々会有志の協力により同年六月に完成しました。

元本郷町は多賀神社の鎮座する『宮町』です。山車は、昭和五十三年にそれまで使われていた曵き太鼓の台を使用して、堂宮形式の山車に作り直したものです。車輪は八木町清水考勇氏製作の鉄製源氏車です。

市指定有形文化財 (山車)

大横町は「八幡八雲神社、多賀神社」両神社の氏子に属しており、毎年交代で参加しています。 山車は明治四十四年建造の二層鉾台形式、工匠小町小三郎、彫工は小松光重。

神輿

昭和十二年浅草の宮本卯之助商店作の屋根唐破風型神輿で、欅の手彫り彫刻がきめ細かく華美で、重厚感のある神輿です。

大横町の神輿は、自分たちの神輿がほしいという長年の願いが叶い、平成七年に完成しました。本体の高さは約1.2m、総重量は約170㎏の光明型唐破風神輿です。

本郷町は、町内の市川喜久雄氏の寄贈のおかげで、昭和五十六年の八王子まつりから自分たちの神輿を担いでいます。真夏の陽に鳳凰が輝く、総重量約200㎏の神輿です。

昭和二十七年八木町宮崎氏より奉納され、平成十八年に修復した町内神輿です。

昭和九年皇太子殿下御降誕を記念し購入。昭和三十六年に修復作業が行われ今日まで担がれている。 台座2尺2寸 高さ5尺3寸

昭和五十八年 宮大工 武内義雄氏が古稀を記念にと手造りし昭和六十一年より担ぎ始めました。尚、台棒金具は鈴木正治氏作。

平成十年に発足し、現在「鬼枡」「柚乃花」「胡桃」「闘鬼」「友好平岡」「高宰睦」の6団体で八王子まつりに参加。勇壮に神輿を担いでいます。

昭和五十二年に同好会神輿として会員が手作で制作。神輿に鬼の彫刻がされ総重量3.75tになる上地区最大級の神輿です。